鉄筋コンクリート造

■鉄骨造と鉄筋コンクリート造の違い

鉄骨造・木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造など、建築には様々な種類の工法があります。
この中で、当社がメインでお請けしているのは、鉄骨造と鉄筋コンクリート造。
マンション・工場・老人ホーム・戸建住宅・店舗など、幅広い建物に対応しております。

【鉄骨造】
鉄骨造は、軽量でしなやかな特徴を持ちます。
鉄筋コンクリート造の強度には劣りますが、鉄骨の粘り強さがあり、耐震性や耐火性など、建物の性能に対して建築コストが安いのがポイント。
工期も短く済みます。

【鉄筋コンクリート造】
柱や梁などの強度が必要な部分に対して、鉄筋でできた枠型にコンクリートを流し込んだ素材を使用。
そうすることで、より強い構造を実現できます。
異なる素材の良い面を活かし、強度を高めている仕組みですが、素材自体が重いため中低層の建築物に採用されることが多いです。
鉄骨造と比べると、コンクリートを流し込む工程が増える分工期が長くなり、コストも高くなります。

それぞれに良さがあり、住まわれる方やオーナー様のご要望をお伺いし、当社で最適なご提案をいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。
業歴20年以上の豊富な経験を活かし、安全第一で工事を進めてまいります。

■高精度の組立

大手ゼネコン様の現場を、数多く経験してきている当社。
工事の工期短縮や、現場作業の省力化を実現するため、工場で部材をユニット化してから現場に搬入するといった、鉄筋先組工法も活用しております。
建設業に求められる役割が多様化してきているからこそ、常に最新の技術に素早く対応できるように、社員一同が『品質・スピード・技能向上』に全力を注いでおります。

■徹底した安全管理

当社では、作業時の安全管理を徹底しております。
これは、作業員の命を守るために当然必要なことですが、その他にも、大規模工事では一部の作業の遅れにより、全体の工程に大きく影響を及ぼすことも。

また、作業員のケガや事故により、周りも含めて大きな被害をもたらしてしまいます。
だからこそ当社では、ケガや事故が発生しないよう安全確認を徹底し、事故防止に努めております。

■検査の基準に基づいて

建物における検査基準は、各都市によって異なります。
これは、海岸沿いであったり、地盤が軟弱であったり、その土地の環境によって必要な強度が異なってくるからです。

全ての建物は原則として、市区町村によって定められた強度を確保していなければなりません。
当社ではもちろん、定められた基準に準拠した工事を行っておりますので、安心してお任せください。
材料や強度・大きさ・鉄筋の間隔にいたるまで、検査基準と照らし合わせながら確実・丁寧に工事を進めてまいります。

【電話】06-6258-3833
【FAX】06-6258-3834
【受付時間】9:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】大阪府を中心とした近畿一円に対応

一覧ページに戻る